HDMIとDVI-Dについて

HDMIって、パソコン用というよりは家庭用なんですよね。
知らんかったです、はい。

何を言っているかというと、HDMIというのはテレビ等の機器向けの規格なんです。

ことの発端は、DVI-D接続で接続しているときとHDMIで接続しているときとで、なんか色が違うぞ? ってところから。
23インチのモニター2枚にしたから気づいたようなもんなんですが。僕の印象というかイメージとしてはどちらもデジタルだし、HDMIはDVIから規格を作ったって何かで読んだことがあって、同じものっていうイメージでした。
なのになんか違う……。
結論から言えば、モニターの信号の処理方法が違った…なのですけど。

どうもうちのiiyamaのモニターさまは(他のモニターはさっぱりわからない)、HDMI接続のときは入力信号がYCbCrであると決めつけているようで。液晶なのでRGBのはずなんですけどねぇ。

どうも、そのせいで特に明るさの感じがHDMI接続のときにおかしくなります。

解決策はいくつか有るんだけど、手っ取り早いのはパソコン側のディスプレイの設定でHDMI接続の方をYCbCrで信号を送るようにすれば逆に元通りに。

たぶんこれは、テレビ向け端子なのでテレビ向けの設定で接続してくる(に決まっている)という決めつけがあって、その設定に対応するように工場で作ってるみたい。液晶のメニューからはいじれないと言うのは不親切極まりないんだけどまぁ仕方なし。

なんか腹立つので(いや、別にかまわないんだけど)、写真のようにしてやりました。

2016-10-09

HDMIをDVIに変換するやつで、DVI接続に。

これで設定をいじらなくても普通の色になります。

まぁ大した話じゃないというか、そんなん知ってるよってことかもしれないけれど知らなかったので。

なんかHDMI接続で色が締まらないとかいう人がいれば、多分この辺が原因……かも。

シェアする

フォローする